HOME > ボッシュについて > ハイプレミアムについて

ボッシュ ハイプレミアム製品一覧に戻る



犬の健康・能力・生命は仔犬の成長時期が最も重要です

適切な発育が決定的な要因となります。特に大型犬種においては急速に発育すると、骨格変化を引き起こします。
成長段階での骨格変化の原因は、ミネラルやビタミンが不足しているわけではありません。なぜならば与えられているboschハイプレミアムドッグフードは十分なミネラルやビタミンが含まれているからです。

成長期の犬へ過剰過ぎる栄養供給、特にエネルギーの与えすぎは過度の体重増加につながり骨格や関節等の疾患の主な原因となります。
したがって仔犬と成長期の飼育では、早く成長させる為の高エネルギーや高タンパク質の供給は避けるべきです。
仔犬と成長過程の犬は様々な犬種によって全く異なって育ちます。
毎日の成長を観察している時に仔犬と成長中の犬の異なった発育があらわれるでしょう。


大型犬種や超大型犬種の仔犬は小型犬種と比べて、より適度なエネルギーとタンパク質を含んだフードを必要とします。

1.大型犬種は小型犬種より総合的にたくさんのフードを摂取します。
2.大型犬種の仔犬の成長スピードは5〜7ヶ月後には著しく後退します。
3.同時に体重1kgあたりのエネルギー需要が小型犬種に比べると減少します。

成犬におけるさまざまな栄養素供給に対する要求は、成長中の犬に比べて明らかに減退します。



注:  成犬の栄養需要は様々な要素によって影響を受けます。犬種だけでなく、犬の体重・年齢・性別・性格・ホルモンバランス(例:去勢)・皮膚の厚さ・毛の長さ・飼育状況・活動レベルが挙げられます。
この様々な影響因子はもちろん、個々の犬によって違うエネルギー需要にあらわれます。同じ活動レベルであっても、高齢犬は若い犬よりもエネルギーが少なくてすみます。活動レベルの高い犬(例:アジリティー犬、警察犬)は、同じ大きさの体の通常活動犬と比べて、3〜4倍のエネルギーを必要とします。

注:  適切なフードを与えることで、成犬の異なる栄養要求を満たすことができます。
加齢により犬には更なる変化があらわれてきます。
1.エネルギー需要が減少します。
2.タンパク質需要が減少しますので、過剰なタンパク質は、代謝産物が肝臓で解毒され、腎臓により排出されるので、不必要な代謝の負担を招きます。
3.腸の働きが減少しますので、適切なフード(繊維質含有物)を与えなければ腸の働きは維持できません。
4.ミネラル供給は需要にあわせなければなりません。
なぜならばミネラルの与えすぎは組織への多すぎる蓄積となり、排出器官(腎臓)の負担が増加してしまいます。
5.衰えた高齢犬のビタミンと微量元素は適切なフードを与えることで対応できます。代謝産物の悪い影響が増加している時には体内細胞に効果的なビタミンE、セレン等の有効成分を与えるべきです。
加齢により衰えた体に対する抵抗力のために、栄養を高齢犬に与える時は考慮しなければなりません。



原材料

★  高品質な原材料と品質
★  地域生産原材料
★  大豆タンパク質不使用
★  遺伝子組み換え作物不使用