HOME > ボッシュについて > ハイプレミアム プラスについて

ボッシュ ハイプレミアム プラス製品一覧に戻る



たくさんの愛犬たちが消化不良、アレルギー症に悩みを抱えています。消化器系障害、アレルギー症の原因はさまざまであり、症状もさまざまです。皮膚のかゆみ、赤みに悩まされたりする愛犬、胃腸が弱い愛犬、嘔吐、下痢に悩まされている愛犬など。その際に体の免疫システムは通常、肉や魚、穀物や乳製品に含まれる特定のタンパク質と闘おうとします。

愛犬に消化不良やアレルギーの症状がみられる場合には、『何が』その症状を引き起こしているのか、調べることが必要です。従来の低アレルギーといわれる食物には学術的にも安全なメソッドであるとわかっており、度々行われる血液検査でも常に擬陽性の結果がもたらされています。

愛犬がどの食物にアレルギー反応を起こしているかわかっている場合には、その成分が入っていないフードを与えることが必要です。

適切な食事療法は『単一成分』、使用されているタンパク質源の種類を減らし、的確な給餌をすることが有効です。そして、可能な限りアレルギー反応が出たことのないタンパク質源を使用すべきです。敏感な愛犬は、特にグルテンを含んだ穀物に反応を示します。

同じ炭水化物源であるジャガイモは、グルテンが含まれていない為、反応することはありません。すべての栄養生理学的な観点が、新しいコンセプトである『プラスシリーズ』の基盤となっています。

新しいプラスラインの特徴

消化のよい、単一タンパク質が基本となった新しいペットフードです。一番の特徴として、プラスシリーズの製品には『1種類』の優れた高品質の動物性タンパク質源が含まれています。
この製品には、他の製品で使用されているような動物性タンパク源である『乳製品』『卵』は含まれていません。さらにすべてのプラスシリーズの製品には『穀物』が含まれておりません。
穀物の代わりの炭水化物源として、高品質で、高い消化性を持ったジャガイモを使用しています。アレルギーの低減を突き詰め、フードに含まれるタンパク質源をひとつに絞って作られています。

当社の新しいプラスシリーズ製品は、消化器系に問題の愛犬、フード過敏症、アレルギー症の愛犬のために特別に開発されました。



シングルプロテイン マス シングルプロテイン 鴨 消化が良いマス 消化が良い鴨
アレルギー低減 グルテンフリー セミモイスト

フードに敏感な愛犬に給餌する場合

フードに敏感な愛犬の場合、フードの切り替えには十分に注意をしてください。特に胃腸が敏感な愛犬には、ストレスや刺激にならないように4〜7日間をかけて様子を見ながら行ってください。
その際は今までのフードに新しいフードを少しずつ置き換えて、その割合を徐々に増やしながら切り替えをしてください。

フードの切り替え後、アレルギー症状や食物過敏症に対して変化があるまでに数日〜数週間かかることもあります。
胃腸の問題に関しては通常では数日間かかることもあります。
被毛や皮膚の問題に関しては被毛、皮膚が新しくなるサイクルに時間がかかるため、変化があるまでに数週間から数か月間ほどかかります。

プラスシリーズは通常生活の成犬用として作られましたが愛犬が1日に必要とするフード量は様々な要因によって変わります。年齢、体重、運動量などを見て給餌量を決める必要があります。
非常に運動量の多い愛犬にはフードを増量し(1日あたり50%まで増量)、老犬や肥満の愛犬には減量して与える(1日あたり20%まで減量)など給餌量をコントロールでき愛犬のベスト体重の維持が容易になります。