HOME > グラウ 缶フードについて

グラウ 猫用缶フード製品一覧に戻る


現在日本で販売されているペットフードには多種のハーブを使用する製品が多く販売されています。
人間に良いと言われたハーブをキャットフードに多種使用する事は疑問です。
ドイツでは、ハーブを使用しているドライフード、缶フード(使用目的別)もありますが、日本で販売されている多種のハーブ(ブームでエスカレートしている)を使用している製品はありません。

ハーブブームによりハーブを過剰に使用しているペットフードを毎日与えて良いのでしょうか?
多種のハーブを使用することで猫の健康を維持出来るのでしょうか?

ハーブには使用方法があります。
愛猫に与えるフードは愛猫に適切なフードを与える事をお薦めします。
適切でないハーブを長期にわたって使用すると危険性もあるのです。


GRAU缶フードに含まれる栄養素
蛋白質 成長期の体を構成する細胞組織と筋肉の形成に必要な栄養素です。
脂肪 皮膚、被毛に欠かせない栄養素で猫に必要なエネルギー源です。
ビタミンA 視力(目)皮膚を健康に保ち、骨の形成に重要な成分です。
ビタミンD3 骨の形成と歯の強化。
ビタミンE 成長期には必ず必要な栄養素です。皮膚、被毛、関節、心筋、生殖能力の働きを正常にする。
ビタミンB1 成長、新陳代謝、老化防止。
ビタミンB2 成長、新陳代謝、皮膚、被毛、エネルギー源。
ビタミンB3 蛋白質や糖質の代謝を促進、神経や脳機能の正常化、皮膚、舌、消化器機能に必要な栄養素。
ビタミンB6 血液、成長及び新陳代謝を促進する必須のビタミンです。
ビタミンB12 血液、体の成長や体内の活性化。
ビタミンC 骨格と関節の形成、抵抗力の増強。
ビオチン 皮膚、被毛の代謝と細胞の活性化。
塩化コリン 肝臓及び腎臓、生体膜機能。
葉酸 血液、遺伝物質であるDNAやRNAを構成。
血液、体内で重要な役割をしている必須ミネラルです。
マンガン 成長、新陳代謝
必須ミネラル
亜鉛 目、皮膚、腎臓、成長に必要な必須ミネラル。
ヨウド 免疫細胞を活性化させる。
マグネシウム 新陳代謝、筋肉、骨、血液に重要、循環器疾患を予防する。
パントテン酸 成長、皮膚及び被毛促進、免疫力、ストレスに対する抵抗力を高める。
セレン 老化防止、関節炎、関節症。

<原材料について>

GRAU製品には血液、廃棄物、毛、羽毛等は一切含まれておりません。
使用されている原材料は、犬や猫にとって価値のある栄養素(人間が食する安全性が保証された原材料)を使用しています。


≪原材料に使用されている内蔵の部位≫
牛の内臓 心臓・レバー・肺・胃・腎臓
七面鳥の内臓 心臓・レバー・胃
ラムの内臓 心臓・レバー・肺・胃